[訪問記] 瀬戸市・双寿園様 (磁器メーカー) 工場見学・新商品打ち合わせ

ホームブログ雑記[訪問記] 瀬戸市・双寿園様 (磁器メーカー) 工場見学・新商品打ち合わせ

一昨日、同じ名東区・同じ「ユーイチロー」という名のデザイナー … プロダクト&グラフィックデザイン『ヨコ イ グラ』の横井さんに帯同し、瀬戸市の磁器メーカー『株式会社 双寿園』さん(http://souzyu-en.com/)に訪問してきました。

同社、石川社長のご厚意で工場を案内いただき … 幼き頃の社会見学のような気持ちで、目をランランさせて感動してしまいました!😀

この熱を良い具合に仕事に生かせると良いなぁ─── ということで、今までは書いたことのない「制作前記」を書いてみたいと思います。

  • 新商品企画・試作中 → そのWebページを、サイト新設に近い形で行う(この制作を当方で担当)。なお、既存サイトはそのまま残す。
  • 既存サイトを作られた業者さんとの間で誤解や軋轢が生まれないよう、関係者皆が膝を突き合わせて話をする。
  • 工場見学 → 心を動かされるものが多かった!

「せともの」の街、瀬戸市

「せともの」の街・瀬戸市。古くからのメインストリートである、瀬戸川両岸の道路沿いには、数多くの陶磁器店が軒を連ねています。

双寿園さんも、そんなメインストリートのほど近くに工場を構えておられます。せとものは主に「陶器」「磁器」に大別されますが、同社では磁器の数々を生産。

強度に富む高品質な製品の量産体制を確立しており、航空会社のファーストクラス機内食用の食器、大手外食チェーン向け食器をはじめ様々なところで、双寿園製 – made in 瀬戸の皿・碗・湯呑み等が活躍しています。

工場見学ギャラリー

写真掲載快諾いだただけました🙂
*クリックで拡大・スライドショー(解説付)

ホント、率直に・大げさではなく…知的好奇心で目も心もランランでした!

ありがとうございます!
子どもの頃、社会見学に来たような感動です!

石川社長
僕が中学校の時の社会見学はウチ (双寿園) でしたよ。
自分ちに行くっていう😅

などのお話も交えながら、気さくに・親切にご説明いただけました。

ああ~我が子たちにも見せてあげたかったなぁ~~って すっごく思いました(^_^;

ちなみに僕は学生時代、遺跡発掘のアルバイトで・・・晴れた日は、ツルハシやスコップで地面を掘り・土を運ぶ。測量して断面の図面を描く。そして雨の日は、出土品をつなぎ合わせて復元する・・・といった作業を行っていました。

ターゲットの地層に到達する以前の浅い層からは、相対的にやや新しい時代の遺物である、陶磁器の欠片が数多く出てきます。そんなこんなで陶磁器に興味を持ち、先述の瀬戸メインストリートに「織部焼」の湯呑みを買いに行ったこともあります。 20歳そこそこの若者にしては、 ジジくさい  成熟した趣向だったかもしれません 笑

・・・ 若かりし頃に陶磁器から感じた不思議な感覚、ぼんやりとした憧憬のような感情? も思い出しつつ、テンションが上がった次第です🙂

新商品打ち合わせ

フル稼働で製造が続く中、打ち合わせに同席。従来の製品群とは路線の異なる意匠を施した新商品の企画。

プロダクトデザインには(Webや紙面のデザインとは異なり)その製品が作られる工程・工法に対する理解 … 陶磁器であれば、絵付け工程での工法上制約等を踏まえたデザインを行う必要があります。素人の僕は横で話を聞いているだけでしたが、細部が少しづつ異なる試作品の数タイプを手に取って拝見しながら、興味津々でした。

協業、チームで協働

ジュウロクデザインで頂いているお仕事はクライアント直請けが多く、下請け案件の割合は少な目です。お客様と二人三脚でやってる感覚は常にありますが、制作過程の大半は孤独な作業であることがほとんどです。

しかしながら、特にWebサイト上に協業のことを明記するようになってから、チームとして動ける機会が増えてきた実感があります。

本件、当方の位置け的には下請けですが、元請けさんと一緒にクライアントを訪問し、直接お話を伺えたこと、既存のWeb制作業者さんとも話せたこと、

そして気さくに工場案内をしていただき、製造現場を目の当たりにできたこと・試作品を手に取って確認できたこと等々は、仕事を進める上で大きなプラスになるように感じました。

クライアントとクリエイターが顔を合わせて直接言葉を交わすことで、ニュアンスが伝わりやすくなります。空気を肌で感じること、そのプロジェクトに於いて何が重要事項なのか、何が優先事項なのかを過不足なく確認し合うことは、とても大切だと思います。

このような段取りをしていただけた依頼人:デザイナー横井さんに、そして(ごく自然なことであるかのように)大変親切で懐の深い対応をしていただけた、双寿園:石川社長に、感謝感謝です。

当プロジェクトのお手伝いを出来ること、純粋に「仕事楽しい!」「フリーのWeb屋やってて良かったなぁ~!」と感じております。 (試作品や撮影のスケジュールなどから)Web制作着手はもう少し先になりそうですが、フライング気味にワクワクしてます😁 頑張りますよー!