ホームページ制作は「受け手の目線」で考えることが大切

 
 
ホーム »  Web制作 »  好感・安心感のツボ

サービスアイコン はじめに

わかりやすさ

好感の持てる情報発信とは

ホームページの最も重要な役割のひとつは、イメージ・信頼感を向上させること。それには「受け手の目線」で見て考えることが大切だと感じています。

 

安心感は、わかりやすさから

人間だれしも、初めての人やお店に対して


「相手がどんな風かわからないと警戒する、身構える」
大丈夫かな?

ってトコロ、ありますよね・・・?

例えて言うなら、ちょっと勝手を知らない場所で食事をするときに、
路地の喫茶店に入るのをためらい(食べてみたらすごく美味しいのかもしれないのだけど)。。幹線道路の有名チェーン店や、お馴染みのファミレスに足を向けるような心理。。とでも申しましょうか。


ランチ手描きポップ
でも 路地の見知らぬ喫茶店も・・・

店先の看板や、日替わりランチの手書きポップがフレンドリーで魅力的だったら、入りやすくなりますよね^^ 店主や、スタッフの人となりが伝わってくる感じで。

一見して「あ、なんかちょっとイイ感じ!」な印象で、要点が理解しやすければ、初めての人が来やすくなります。

そして、足を運んでくれたお客様に、期待通りの(期待以上の)おもてなしと満足感を提供することが出来れば・・・そのお客様はリピーターとなり、クチコミでさらにお客様を連れてきてくれる・・・素敵な好循環が続きますよね^^


ホームページで情報発信することも、本質はこれと同じだと思います。
ネットで調べごとをしていた人、閲覧してくれたその人に安心感を与えることが出来れば、心理的なハードルが下がります・・よね?

昨今、ネットでの情報発信には色々難しい点もありますが、実生活同様、誠実さや真心はきっと伝わるものだと日々感じております。

安心
わかりやすくて、安心感がある

ちょっと気になるな、と心が動く
喜び
うん、期待通りだった!良かった!(^^)

・・・そんな嬉しい感情の動きを、

Webという媒体でキッカケを作る。好感・安心感のツボを押す。


Webサイトを訪問するユーザー様、サイトのオーナー様・スタッフ皆様とのワクワク感をつなげてゆくお手伝いや

あるいは困りごとがあって、一生懸命ネット検索している方々と、その解決策を提供し得るサービス提供者(会社・お店・教室・お医者さん・弁護士さん・・)

両者の橋渡しのお手伝いなどなど

デザイン・プログラミング・ITサポートを通じて、広義の社会貢献に携わってゆければ嬉しく思います。


愛されるページづくり&運営を beloved

制作にあたっては、サイトオーナーさんの思いを汲み、ユーザーさんの目線で考えながら、しっかりプロとしてのアドバイスをさせて頂きます。ご安心くださいね。

ホームページを作る過程では、オーナーさんにとっても・当方にとっても、相応のエネルギーと時間を必要とします。生みの苦しみもありますが、それだけに、双方が納得のゆくものに仕上がった時はとても嬉しいものです

そしていよいよ、ページが出来上がって公開!の時・・・これはひとまずのゴールであると同時に、サイト運営のスタートとなります。

是非ともページを継続的に更新し、新鮮な情報を発信していってください。
(ユーザーさんに愛され続けるサイトにしてゆきたいですね!)

手塩にかけたWebサイトが、オーナーさんの日々の活動の・ビジネスの味方であり続けるよう、運営のサポートをしてゆければ幸いです。

まずは飾らずに、素で話し合うところから。大切な基本事項を確認し、充分念頭に置き・・・

「目的に沿う」「愛される」

ページをつくり、活かしてゆきましょう!


お問い合わせはお気軽に! ⇒ Mail


í
up