既存サイトの改造・改修・アレンジ - ジュウロクデザイン:名古屋・名東区のWeb制作SOHO

 
 
ホーム »  Web制作 »  ホームページ改造・改善

サービスアイコン ホームページ改造・改善

ホームページ改造・リフォーム
今ある良さもうまく生かしながら

事情はいろいろ、千差万別。
コスパを求める気持ちは、だいたい一緒。

 

建て替えばかりが能じゃない arrangement

少しだけ古くなったWebサイト。全面リニューアルすることがベターなら、それが良いと思います。

でも色々な角度から考えて「ちょっと改造・リフォーム」するだけで、リニューアルほどの費用を掛けずに、充分な効果を得られることもあります。今ある良さを生かしながら^^

お客様の思い描いているイメージをより理解しやすいように、現サイト運用上の不満点・問題点、その理由などをお伺いするところからスタートできると良いと思います。

pdcaサイクル、回しましょう
  • 現状の不満は?改善したい点は?
  • それは何故?(少し掘り下げて・・)
  • 改善後のイメージを思い描く
  • 方策を定めて。。
  • 実行!
  • 効果測定 ~ 改善サイクルに

お客様のホームページ運営のPDCAサイクル(Plan・Do・Check・Act)の中に、当方も混ぜて頂く形です。
まずは現状認識をしっかりと行い、問題意識の温度を合わせた上で

  1. ホームページオーナー側の視点
  2. ユーザー側の視点
  3. プロのWeb屋としての視点

の3視点から、改善の方向性をご提案させて頂きます。
ざっくばらんに・飾らないご相談を経て・・・より良い改修プランを実行してゆきましょう!

力点・支点・作用点 Leverage

どこに着眼して、どんな改修をするか? 代表的なものを羅列します。

1. 見た目のお色直し・メッセージのアレンジ

半顔メイクですらない
印象変わりますよね。本体は同じでも

色が暗かったり、写真が小さかったり・・・これらをちょっと手直しすることで、大幅な印象アップを図ることが出来る場合があります。あるいは、固定の写真をスライドショーにして、キャッチコピーやナレーション風の文言を配してみたり・・・ほんの少しのことで。

人間に例えると、洋服はそのままでも、眼鏡を替えたり・足元をサンダルからブーツにしたり、名刺の出し方や挨拶の仕方を変えてみたりすると、ガラッと印象が変わることに似ています。

2. 導線設計の見直し

わかりやすい構造になってますか? スイスイ読み進められて、お問い合わせがしやすいようになってますか?

読んで欲しい記述が奥まったとこにあったり、リンクの位置が悪かったり、配色上リンクが識別しにくかったり、読み進めてゆく流れにちょうどいいようなリンクの配置になっていなかったり。。

ユーザーにストレスを与えていませんか
ストレスフルなのはちょっと

改善方法はいろいろありますが、例えば代表的なものに、リンクバナー/アイコンや、フッターナビゲーション(画面下部に置く各ページへのリンク)を適切に設計するというものがあります。ページを中段や下まで読み進めた際に、そこにどんなリンクがあるのか。ページ上部のメインメニューに戻らずとも、スムーズに関連コンテンツやお問い合わせをクリックできるようになっているか。。を検証するのがポイントです。

3. スマホ・タブレットへの対応

2011~2012年頃が ”境界線” になるでしょうか? スマートフォンが爆発的に普及しましたね。それに合わせ、スマホ用のレイアウト対応の重要性が増しました。

⇒ 既存の固定レイアウトのサイトを » レスポンシブデザイン化 してマルチデバイス対応にする改造を承っております。

また、大きなシェアを占めるiPhoneは、Flash(ホームページ上でアニメ―ションや動画を提供する方式のひとつ。2000年代後半に主流を占めていた)をサポートしていないため、少し前に折角お金を掛けて作ったFlashコンテンツが、意味を為さないという状況も。。。こちらは、代替のアイキャッチとしてスライドショーを配する等の改善方法があります。

大規模サイトのレスポンシブ改造事例

4. 追加更新型コンテンツの追加、更新システムの組込

現状のホームページはご自身で更新できるタイプのものでしょうか?あるいはビジネスブログ等が有効に機能していますでしょうか?
不思議なもので、放置された感のあるホームページは、空家や使われていない別荘のような雰囲気を醸し出します。

» ご自身で更新が出来る仕組み を組み込むことで、新鮮な情報発信が可能となってまた生気がみなぎることも。折角のホームページ、生き生きとした印象を放つようにしたいですよね。

逆に、仕組みはあるのだけれど放置してしまって。。という場合にもご相談を承ります。実例を交えながら、無理なく更新してゆくためのヒントをお話しすることも出来ますし、思い切ってホームページの更新システムは廃止して・Facebookページのウォールを埋め込んだ方が、空家感が無くなって活気が出る場合も。[ » 既存サイト改善点…CMSが仇になっている例]

5. 内容に肉づけをする、内容を削る

脂身の量は適度なのが一番!

文字ばかりの説明文に、挿絵や図解を入れてみる。たったそれだけで、見違えるように読みやすくなる・理解しやすくなる場合は少なくありません。

また時として、内容を削ることが最適解となる場合もあります。多すぎるコンテンツは読み飛ばしの対象にもなります。シッカリ目を留めてもらいたい箇所が、その周囲に埋もれてしまって目立たなかったりする場合は・・・「引き算の美学」でスリム化することが効果的です。



テコの原理のように、小さな入力で・大きな効果を得たいですね

改造・リフォームのお値段

現状と希望をお伺いし、ご提案&お見積させて頂きます。

内容によってまちまちになるので一概に言えませんが(^_^; 
今までのお客様の声を伺う限り、「お値打ちだ」「コスパ良好だ」
とおっしゃられる方が多いですよ。
自分でもそう思います 笑

気軽にお問い合わせください ⇒ Mail

スマイル諭吉

í
up